軽度の認知障害でも死亡リスク上昇

2011.9.6-32460認知障害は、早期のより穏やかな段階で発見されたとしても、その後の生存寿命とその予見性に著しく影響を与える要因であるかもしれないという、インディアナ大学の研究者らによる研究。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ