病気とヒトの進化の研究を推進するアフリカ系アメリカ人の遺伝地図

2011.7.21-32068疾病の原因を明らかにし、人種の多様性を知る手がかりとなるゲノムマップは、すでに白人をベースとして研究成果が報告されているが、このたびハーバード大、オックスフォード大、ミシシッピ大の共同研究により、ジャクソン地区のボランティア5000人を含む、約3万人の遺伝子解析結果をもとにした、アフリカ系アメリカ人のゲノムマップが完成した。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ