小児肥満治療への現在の投資は将来の経費削減に

2011.9.7-32466 小児肥満の治療は、将来発症する疾患まで見送るよりも現在の健康問題の解決を目指した医療保険合理化により、大幅に費用削減が可能であるという研究結果を、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)他の研究者らは米国雑誌『小児科学』に発表した。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ